廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

巨大彦根城ジオラマとレゴで出来た彦根城が素晴らしい開国記念館(滋賀)

time 2017/05/07

みんな大好きひこにゃんが、彦根が大好きなフレンズたちを
「ちょっとだけよ!?あんたも好きね~」的加トちゃんスタイルで出迎えてくれるのが
佐和口多聞櫓に開設されている開国記念館。

 

ぬぬぬ!?専用エレベーター前にもひこにゃんが!
そう。これぞひこにゃん分身の術である。
(こちらのひこにゃん、記念撮影スポットとしても大人気です)

 

多聞櫓(佐和口から右側の部分)は
昭和35年に行われた井伊直弼没後100年記念で復元されたもので、
「国宝・彦根城築城400年祭」の際に会場として使用された後、
平成20年に開国記念館としてオープン。そして現在に至ります。

 

埋木舎を見学後、
「開国記念館かぁ。400年祭の時に入ったんだよなぁ。あの時あった体験コーナーは強烈だったなぁw」
と些か懐かしさを覚えましたので、天守へ行く前にちょこっと寄ってみる事にしました。

佐和口の枡形を抜けた先は、一気に桜の密度が増して華やかな雰囲気に!
内掘り沿いにずらりと咲く桜は見事なほど満開。
…やっぱりいいなぁ彦根城。

ここから先を左に曲がれば天守の方へ。右に曲がれば玄宮園。
どちらも行くつもりですが、ここはひとまず…
まわれー右!ピッピッ。

 

階段を上がって一目散に開国記念館へゴー。

中へ入ってすぐの部屋で、まずはのんびり椅子に腰を下ろして、ぐるりと周りを見学します。
パッと目に入ったのが受付付近に居た、おいでやすのひこにゃんとレゴで出来た彦根城!
…あああああ!懐かしいなぁ。これは400年祭の時に目玉展示だった奴じゃぁないか!

そしてレゴの反対側の壁沿いには井伊の赤備の鎧兜が飾ってありました。
鎧の前に置かれている火縄銃は持つ事が出来ましたので、
 構えて記念撮影をしてる人が多かったですな。

次の部屋からが展示室で、
最初の部屋にあったのが、この巨大彦根城ジオラマ!

ふぅ~壮観だなあ。
お!埋木舎。今ここを通って来たんだよなぁ。

ジオラマでも美しい玄宮園。この後行くのが楽しみやー!
と、ジオラマ見物が面白くて仕方がなかったです。

 

昔、実際に天守の上に飾られていたシャチホコの展示もありましたよ!

たっぷり展示物を堪能した後は次の特別展示室へ。
この時行われていた特別展は「NAOSUKE・直弼・なおすけ ~近現代の中の井伊直弼」。
なんかじわじわくるタイトルですな。

この井伊直弼尽くしの展覧会、名前だけでなく中身もすこぶる面白かったっす。
なんてったって、ほぼ等身大の井伊直弼像が展示されていたんだから言う事ないよー。
(人形好きな人にはタマンナイっすわ)
他にも全国にある井伊直弼像について紹介しているパネル展示などもあって
もう直弼+人形尽くしやで!

特別展示室は撮影禁止だったので井伊直弼像の写真はありませぬが、
彦根市の公式サイトに小さめ乍ら画像が有りますのでそちらで見てくだされ。
ホントすげえんだから。

 

帰り際に窓から埋木舎の眺めを楽しんで、見学終了。
いやぁ面白かった。これで無料は凄すぎるな…とホクホクでした。
さぁ次はいよいよ天守へ行っちゃうかー

 

(平成28年4月訪問)

開国記念館 彦根市公式サイト
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 生き人形のようなリアル井伊直弼公の像は見とかなきゃ!
ヘンテコ度 ☆★★★★ レゴブロックはある意味ヘンテコかも。

入館料 無料(彦根城築城410年祭の間は有料 彦根城天守や玄宮園の入場券が必要)
開館時間 8:30~17:00
休館日 12月25日~31日 その他臨時休館有

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031