廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

時代劇・トリックアート・商店街。トリックアートたっぷりな小溝筋商店街で遊べ!(兵庫)

time 2015/01/31

アーケード商店街が数多く存在する姫路の街は、全国各地の商店街大好きっ子達にとって憧れの地だ。
駅から姫路城に向かって真っ直ぐ伸びる、メインストリート・大手筋の左右両側には、
商店街がそれぞれ東西南北縦横無尽にあちらこちらに伸びている。

それら魅惑の姫路駅前アーケード商店街の中でも一際異彩を放つのが、
トリックアートで彩られた商店街、小溝筋商店街ッ!


駅前再開発工事もほぼ完了したようで、以前に来たとき(平成26年1月頃)とは
すっかり景色が変わっていたJR姫路駅前。

地下街が出来ていたり、歩道が広くなっていたりと凄く便利になっていた。
何より歩きやすいのがいいよねぇと、
姫路城へ向かって歩き出した所…ハッ!

し、白い!(驚愕!)

姫路城が想像してた以上に白かった事にまずビックリした!
改修工事後に、ちょっと白すぎなんじゃね?
と話題にになっていたのは知っていたけど、
まさかここまで白かったとは…。

さて。駅を出てすぐにこんな光景見せられちゃったら、
早く間近で見たくなって、一目散に城に向かって突き進んでしまうってのも仕方ない所なんですが
(しかも大手筋には彫刻がいっぱい並んでいるんだ。勿論裸婦像もあるよ!)、
ここはいったん深呼吸で落ち着こう。

ふぅ…。
よし。

これから向かう予定の小溝筋商店街は大手筋の右側(東側)なので

まずはそちらへ向かって歩いて行きます。
(ちなみに左側にある山陽百貨店の近くの商店街はレトロな雰囲気漂ういい感じの商店街だ。)
駅前、大手筋から一筋東側に入った所の「みゆき通り商店街」から、更にもう一筋東に行った所にある
「パステルおみぞ商店街」に入り、城の方に向かって進んでいきますと…

最初に出会ったのがこちら、餃子の王将姫路駅前店の前に置かれている顔ハメでした。
この狂気をはらんだ姫路城の前に居並ぶ肉まんだらけの顔ハメは、なかなか味わいが深い。
そして何より、これをやる人間がいるのかすごく疑問に思ってしまう所が素晴らしい
ポイントだと思うのだ。
裏に回り込むにはなかなか狭い場所にあるし、店の中にいる人たちからも丸見えだろうし。
…満点!

パステルおみぞ商店街を抜けた先が小溝筋商店街。

まずは軽くご挨拶。
入って一発目のトリックアートがこちら。
こっからどんどんトリックアートが続きますよ~。

 

王道な物とメルヘンチックな物。

 

どうやって写真を撮ったらいいかなんてのを教えてくれるのは有難い。

「貴様!見ているなっ!」
ちょっと怖めの気持ち悪いトリックアートもあるのがいい感じ。
小溝筋商店街のあっちゃこっちゃに色々なネタが仕込まれているので、
細かいとこまで見とかなきゃ見逃してしまいますぜ。

一風変わっていたのが、大阪ほんわかテレビの出演者のイラスト。仁八先生~

商店街の途中、道路と交差する場所では頭上に注意。
トリックアートじゃないけれど、姫路城の大きな絵が見られます。

そしてここから先が一番の見どころ(だと思う)
飛び出す黒田官兵衛さんは大迫力やで!

水芸!

 

姫路は大河ドラマ軍師官兵衛の舞台という事で、
黒田官兵衛がテーマの武者絵のトリックアートがこの一画に多めに描かれておりました。

個人的にはこれがお気に入り。
やってみたかったけど、一人旅なのでどうやっても無理だったw
近くを通る人に頼むのは流石にこっぱずかしかったんだもん!

ちなみに小溝筋商店街は両幅が狭いので、
夢中になり過ぎて通行している人の邪魔にならないようお気をつけあれ!

そうそう、一年前に来た時はこんな絵があったんですぜ。
冒頭の写真も一年前に来た時に見たものでして、どうやら定期的に絵を変えているみたいっすわ。

しかし、折角のトリックアートなのに反応を示している人がほとんどいなかったのが残念。
メインストリートである大手筋や、多くの人が通るみゆき通り商店街から少し離れているから、
 ターゲットである観光客があまり通らないからなんだろうな。勿体ないぜ!

 

(平成26年1月訪問)

小溝筋商店街トリックアートストリート 公式サイト
おすすめ度 ☆☆★★★ 一人で来るとおんなに楽しめない。誰かと一緒に来なきゃ…。
ヘンテコ度 ☆☆☆☆★ 一人で来ると段々心がすさんでいく過程を楽しめます。一人ではしゃげ!

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき


2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930