廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

怪しさ満点の案内看板。黒江ぬりもの館。(和歌山)

time 2015/11/15

漆器の街黒江のあちらこちらに立っていた、
この案内看板のおどろおどろしさといったらもう!
黒江ぬりもの館。カフェと漆器・雑貨のお店だという事らしいんだけど…
なにゆえこないに怪しさ満点の看板?

色調・フォント、なんでこれにしたのか全く持って訳がわからない。
これじゃぁ来たお客さんを壁にでも塗りこめてやる!
と言わんばかりではなかろうか。
…怖いわぁ。なんかお化け屋敷か魔女の館への案内みたいだ。(こんなの大好き!)

 

うるわし館を出て、大きな通りから一本入った路地の方へ向かうと、
古い民家が達ち並ぶ通りの奥に黒江ぬりもの館はありました。
ちなみにぬりもの館の手前に建つ池庄漆器店は登録有形文化財。
お馴染みの標識もバッチリ!

自転車を押しながら細い路地を進んで行くと、ぬりもの館へ行ってたご夫婦が
お店の前に飾ってある桶(?)の前で記念撮影をしておられました。
撮影係りはお店の方。和気藹々と行われる記念撮影会。
…何、このほのぼのとしたあったかい感じ!
皆満面の笑み。あの案内看板からは程遠い光景ではないか!

写真撮影が済み、ご夫婦はどっかへ行かれ、お店の方はぬりもの館の中へ戻っていかあはりました。
んー、全然怪しくないじゃない。それどころか、むしろすごくほのぼのしたいい感じの場所じゃないか。

自転車を押してぬりもの館の前へ行く。

古民家を改築したという黒江ぬりもの館。
こっそり中を覗くと、とっても明るい雰囲気だ。
カフェと販売スペースがあって、どうやら伝統工芸の体験もやってるみたい。
(根来研ぎ体験。事前要予約)

ケーキとコーヒーでも頂くかと思いましたが、
いかんせん昼過ぎに来たので、時間が…。
先を急がなきゃならんので中を覗くだけとなりましたとさ。

結論。黒江ぬりもの館は看板から受ける印象とは程遠い明るい良いお店でした。
以上です、編集長。

おまけ。
黒江ぬりもの館から県立自然博物館へ向かう途中にあった
すんごくレトロな商店街(?)、船尾市場。味ありすぎだ!

 

(平成27年9月訪問)

黒江ぬりもの館 公式サイト
おすすめ度 ????? 入ってないから何とも言えない。
ヘンテコ度 ☆☆☆★★ この案内看板は強烈だ!

入館料 無料
開館時間 10:00~16:00
休館日 月 火

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930