廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

名古屋能楽堂で能面体験。からくり人形の実演もあるよ!(愛知)

time 2015/04/11

ブロロロロロロロロロ…。
バス停に着いた途端に走り出したバス。
これじゃぁまるでバスが出発するのを見る為に
わざわざ走ったようなものではありませんか。

…次のバスの時間を見てみる。うん、予想通り当分の間は来ないネー。
一時間に一本。
…でしょうね。

 

名古屋城を見学後に行こうと思っていたのが名古屋市市政資料館という所。
地図で場所を確認してみると、名古屋城からは余裕で歩いて行けるくらいの近い場所に…
って、んんん?
なんか市政資料館からもうすこし東に行った所にも博物館が3つほどあるではないか!?
いい機会だしこれは是非とも行ってみたいな。でもそこまで歩いて行くとなると…。

ハッ!そうだ!忘れていた!バスも乗り放題になるフリーチケットを買っていたことを!
折角持っているんだから使っとかなきゃ。
外は日差しも強いし、暑いし、歩いて行くのはしんどいからなー。
ってことでバス停に向かったら、この様ですよ。
観光ルートバスなのに、この本数の少なさは一体どういう事?
と、ぷんすかぷんでございます。

仕方ない。次のバスが来るまでどっかで昼飯でも食べて休憩するか。
それなら一旦、栄まで戻って…。ってそれだとまた地下鉄の駅まで戻らなきゃならんからなぁ。

…ん?
辺りを見回してみると、すぐ近くに立派な建物が建っているではありませんか。

これは何かあるに違いない!と確信。
早速行ってみることにしました。

名古屋能楽堂。
出来立てほやほやのような、とても綺麗で立派な建物やなぁ。

 

門をくぐると…おお!これはいい!

能楽堂周辺(と言うか真ん前ですな)は広々とした憩いのスペースになっていて、
石垣には滝のように水が流れ、見た目にもとても涼しげだ。
夏にはとても嬉しい感じですな。

能楽堂に併設されていたレストランを見てしまうと、もういけない。
ぐぐぅ。腹の虫が鳴いて居るわ。
丁度、昼飯時だし食べて行くのもええかなぁ。
と、ふらふらお店に近寄ってみると…

あかん!これはとても入られへん!
なんともはや高級感が凄いのだ。
能や狂言を見に来たマダムがオサレにランチを頂く雰囲気。それ、たっぷりなのよね。

…よし、昼飯は後回しにして、能楽堂に潜入する事にしよう。(空腹を我慢)

能楽堂の入り口に行くと何やら案内の看板が。
…おお!展示室があるのか!?
期待に胸を膨らませ早速中へ入ります。
(こういう、かっちりとした文化施設に入るのはちょっとドキドキしますな。)

入ってすぐ、中のロビーで展示されていたのが、
謡曲「橋弁慶」を題材にしたからくり人形。
京の五条の橋の上で対峙する牛若丸と弁慶。
…すげぇ。恰好ええ!

このからくりは動くようで、実演時間の案内が載っていました。
タイミングの悪いことに、僕が入ってきたのが丁度12時頃。
なので次の実演時間まで1時間ほどあるのです。
…んー、流石に1時間もここにおれんよなぁ。
まだまだ見て回りたい所いっぱいあるし。諦めるか!

 

しかしまぁ、館内の高級ホテルのような雰囲気には圧倒されます。

さて、展示室ですが、
入り口からまっすぐ奥へ進んだ所にありました。
そしてその手前の通路部分に…

ありました体験もの!
能関連の施設にはかかせない、というか絶対にあってほしい体験ものが!
能面かけ体験!
…説明の写真の何とも言えないシュールな感じがたまらんですな。
特に5番の写真がすごい。

体験できる能面は二種類あって
般若と小面(で合ってると思う)でした。

さて、その能面体験なんですが、アタクシもやってみようかと思いましたが
周りに誰もいない静かな高級感漂う場所で、たった一人で能面つけて自撮りとか、
想像するだけで何とも言えない気分になってしまいましたので、
結局恥ずかしくなってやらなかったです。
能面つけて写真撮ってる場面を他の人に見られでもしたら…。
ヒィー!
まあ冷静に考えたら、そんな場面に遭遇した人の方が何とも言えない気分になるでしょうけど。

体験コーナーから先に進んでいくと、能に関する資料や衣装を見ることが出来る展示室に到着です。
衣装がすごく美しかったですなぁ。能に関する知識がないのでこんなことくらいしか言えないですが。
金かかってるなー、と思える豪華さでしたよ。

そのまま進んでいくと、ぐるっとレストランの横を通って入り口に戻ってきます。
うん、すんげぇ豪華な良い施設でした。

名古屋はからくり人形推しなのか、あちらこちらに置かれているらしいです。
名古屋市中区のからくり人形一覧が載っているページ
大須観音にある徳川宗春のからくり人形は知っていたけど、他にもこんなにあるとは…。
これ全部見て回るのを今度やってみよう。

 

(平成26年7月訪問)

名古屋能楽堂展示室 公式サイト
おすすめ度 ☆☆☆★★ 無料でここまで楽しめるのは凄い!
ヘンテコ度 ★★★★★ ヘンテコ要素は無かったです

入館料 無料
開館時間 9:00~17:00
休館日 年末年始

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930