廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

倉吉と言えば!な「白壁土蔵群」とレトロストリートを歩いてみた。(鳥取)

time 2014/06/18

倉吉と聞いていの一番に浮かんでくる景色と言えばこちらでなかろうか。
白壁土蔵群!
今回、事前に、ろくに下調べもしなかった、倉吉に関しての知識はほとんどない僕ですら、
ぱっと浮かんだ景色はここですもんね。

 

さてさて。
琴桜記念館を見学した後ですが、次に行く場所が決まっておりません。
倉吉での第一目的は琴桜記念館だったので、この後の見学コースってのは、
現地で興味を持ったところを見て回ればいいや!という、
いつもの行動様式なのでございます。

とりあえず、あの有名な白壁土蔵群の景色を見に行けばいいのでは?
いやいや待てよ、確か琴桜記念館以外に豊田家住宅という建物があったよな。
確かそこでは講談が行われているんだっけ。
昼頃から始まるはずだったから今から向かえば丁度いい感じかなぁ。
…おっと、何気に行き先多いですやん。

観光案内所で頂いた地図とパンフをチェックしながら移動開始。
ふぅむ、鉄道関連のハコモノもあるし、街中のあちらこちらには様々な彫刻が飾られていますって
わざわざ紹介されている所を見ると、これは彫刻を是非とも見てってくれってことだよね。
何気に倉吉は見どころたっぷりじゃな。

結局ベタにまずは白壁土蔵群を目指すことにしました。
なになに、酒屋さんのある辻まで出て、一本北側の道を進めばいいのか。

辻を曲がって真っ直ぐ進むと、突き当りに公園がありました。
こじんまりとしているけどなんだか上品な趣の公園ですな。
んんん?手前にある銅像、すごく凝っているようで気になるちゃん。

思わず像に駆け寄ろうとしたとき、
ふと左の方を見てみると、そこが白壁土蔵群でした!
おおぅ。ここか!

本なんかで見たまんまや!(そりゃそうだ)
案内所付近、そりゃもう観光客の数は尋常じゃなかったのですが、
意外なことに、ここら辺一体それほど混雑した感じはせず、とても落ち着いた雰囲気でした。

こりゃ土蔵を見なきゃ!
と、すぐに土蔵群のほうへ行きたくなりましたが、
やっぱりさっきの公園の銅像がすごく気になるんだよなぁ。

結局、我慢できずに先に見に行くことに。
川に雛を流す武士の少年の像のようです。すごく風流な銅像。

しかしまぁ、倉吉は町全体が観光地っぽくなくて、
すごく穏やかな雰囲気のいい街ですなぁ。
なんて思いながら、再び白壁土蔵群へ向かいます。

戻ってきた白壁土蔵群は、石の橋を渡って蔵の裏の入り口へ出入りする人達でいっぱい。
ちょっとオイラも、と蔵の中へ入ってみようと…
したんだけど、あまりにも人が多すぎて入るのを諦めました。
…そうか!あたりが混雑してないのは、みんな蔵の中のお店に入っていたからか。
とガッテンガッテンガッテン。

 

お腹も減ってきたし、どこか休憩がてら入ってみるかと、
ご飯やさんをパンフなどで調べて入ろうとするも
これまたどこもかしこも満員でした。
…そうか!あたりが(二度目)

丁度、お昼時なんですもんね。

こうなったら取る手段は一つだけ。そう、食わずにひたすら観光だ。
…炎天下の下、まるで修行僧のように歩き続けました。

クリームソーダ。スパゲティ。アイスクリーム。
歩いていると目に入る様々な誘惑。
我慢我慢。

 

白壁土蔵群を抜け、次は地図にのっていた
倉吉淀屋旧牧田家住宅というところに向かいます。
なんとなく資料館っぽい感じがするんだよな。

川沿いを歩き、住宅街をうろうろ。
…あかん。完全に迷ってしまったぞ。
たぶん近くにまでは来たようだけど、入り口がわからないw
仕方ないのであっさりとあきらめて、豊田家住宅の方へ向かうことにしました。
うわぁ、だんだんグダグダ感がやってきたw

この時、ふと時間を見てみると、うわぁ…やっちまったかも!?
講談の開始時間はとっくに過ぎているっぽかったのです。
うそーん。慌てて、豊田家住宅に向かう僕。

そして到着、豊田家住宅。
国の有形文化財に指定されている建物は風格がありますな。
そして肝心の講談ですが、どうやら朝早くからやっていた模様。
とりあえず中へと思い、
おずおずと入ってみましたが、人の気配が全くしないではありませんか。
人見知りの僕としては精一杯の勇気を振り絞って、か細い声ですみませぬーと言ってみたんだけど、
どうも反応がございませなんだわ。ああ!声ちっさすぎ問題。

もしかしたら奥の方で講談をやっている最中なのかな。
そんな時に大声をあげるのは無粋極まりないよね。ずかずかあがってみるのもこれまた無粋か。
こういう時はさっと身を引くってのが粋ってもんだろう。
と、入らない理由を無理やり作って、豊田家を脱出です。

…ハッ!
やばい!これは完全にグダグダモードにはいってしまってるw
回るだけ回って、歩くだけ歩くんだけれども、結局どこにも入らず何も見学せずただただ疲れるだけ。
あかんでー、あかんでー。

ここらでバシッともう一度気合を入れ直し、街歩き再開です。

 

さてさて、倉吉はレトロな街並みが有名でして、
街全体を倉吉レトロまちかど博物館として様々な展示が行われております。
いろんなお店の方々が、昔の物などを展示公開されておるのですね。

観光案内所方面へ向かう途中、レトロストリート呼ばれている通りを見学していきました。
倉吉観光情報さんのレトロまちかど博物館の紹介ページ

色々ある中、あまりのレトロさに度肝を抜かれたのがこちら。

 

中では、ポスターやら古い道具やら様々な昔懐かしい物が展示されていました。

 

観光案内所の近くまで戻ってきたときに
山の方を眺めてみると、

天女さんの絵ががが!
後で調べたところ、倉吉の打吹山の天女伝説にちなんで描かれているとの事。
この建物に描かれた天女さんの絵が気になって、山の方面の地図を見たんですが、
なんと、山の上には倉吉博物館があるじゃないの!と既に歩き疲れた身には衝撃の事実が発覚!
ええー、そっちにも博物館あるのかよ!
ハコモノマニアとしては是非とも行っとかなきゃならんのだけど…。
ああぁー、山の上か。もう歩くの大変でしんどいよ。
しかもクソ暑いし、何も食べてないし。と悶絶です。

こ・う・い・う・と・き・は
…さぁ頑張って言い訳を考えよう。

倉吉はハコモノも多く、とても半日程度では回り切れない。
今度来るときにゆっくり回ればいいじゃないか!
そう、リベンジしにこればいいのだよ!

何もなかった、博物館があったなんて知らなかった、
そのような体でふたたび観光案内所へ向かうのでありましたとさ。

倉吉オススメの彫刻(のはず)
お犬様の彫刻を発見!かわええ~!
だけど、ぐだぐだな僕を憐れむような視線がとてもいたいぜ!

 

(平成24年7月訪問)

白壁土蔵群
おすすめ度 ☆☆☆★★ 白壁土蔵群はそれほど広くなかったです
ヘンテコ度 ★★★★★ 有名メジャー観光地なのでヘンテコでは無かった

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31