廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

歌人フィギュアに人形歌合ジオラマ!百人一首の殿堂「時雨殿」で大興奮(京都)

time 2017/07/08

嵐山にある、百人一首をテーマにしたマニアックな博物館、
時雨殿がリニューアルオープンしたのでちょっくら遊びに行ってみない?
と友人に誘われた。

時雨殿と言えば平成18年に天下の任天堂さん全面協力の元に建てられた文化施設。
オープンしたての頃にすぐさま遊びに行ったんだけど、受付で渡されるニンテンドーDS(時雨殿なび)
を使っての体験モノや、ずらりと居並ぶリアルマネキン歌人達による歌会再現ジオラマなど、
子々孫々、後世に永く語り継がれるべきレベルの展示物の濃さがとても印象的だったんだよね。

 

「京都空中散歩」
広いお部屋の床一面にずらりと敷き詰められたモニターに映るのが京都市内の航空写真。
手に持ったDSで、京都市内にある百人一首縁の史跡を巡ったり、
あちらこちらに潜んでいるマリオおじさんを探し出したりできる体験コーナーは
そのスケールの大きさもあって大迫力!
しかしまぁなんというか、すっげー金かかっとるなぁ(←すぐお金の事を言ってしまう関西人の悪い癖)

そしてそしてこの空中散歩、
突然百人一首の札に早変わりし、DSに映る札と床の札を合わせるカルタ大会が開催されるのです。
おおぅ!一体何?どういう事よ!?とあたふたしている内に札を全く取れずに終わってしまったのはいい思い出。

 

こちらの井戸は覗くと百人一首の札が浮かび上がってきます(あまり覚えていない)。

時雨殿の一階展示室の壁には百人一首の歌がずらーっと並んでいて、
DSで合わせると説明が…でたはず?(ほとんど覚えていない)。

 

体験モノの中で一番面白かったのがこの対戦かるたゲーム「体感かるた五番勝負」。
ちはやふるでお馴染みの競技カルタの映像版ですな。
床に設置されたタッチパネルに映る札を取り合うのですが、
これがまぁ相手の強いこと!
子供の頃より一人坊主めくりと言うかなりの荒行を通じて
百人一首に慣れ親しんできた僕が全く歯が立たないんだもん…。恐るべしだよ清少納言!
(ちなみに対戦相手は歴史上の人物達で、戦った清少納言さんはとても美人でした。)

時雨殿の2階は大広間になっていて、
雅な歌会が開催中だったよ!
(歌会と言うより宴会っぽい雰囲気だけど)

 

しかしリアルマネキンは良いっすなぁ~。

…といった感じの時雨殿だったんですが、
一体どこをどうリニューアルするんだろうか?とすっごく気になったので行ってみる事にしました。
(というかする必要あるのかな?このままでほぼ完璧じゃぁないか)

 

 

渡月橋を渡り、修学旅行生&観光客溢れるまっすぐ北側嵐電嵐山駅方面へ…は進まず、
川沿いを西側に進んで行くと時雨殿に到着だ。こっち側はそれ程人が居ないので歩き易くてグーッ。

お!なにやらお知らせがあるけど…。そんなもんは一顧だにせずいざ中へ!
荷物を預けて受付へ行くと「今日の和歌です。」と、百人一首の中から歌を一首貰えます。
受付の方の説明によると、館内にある今日の一首と指定された歌と同じものだったら
記念品が頂けるとの事でした。…ほほぅ、これは楽しみであるな。

そして前回大活躍だったニテンテンドーDSを…ってそれはもうやってない!?
あれが時雨殿の目玉だったはずなのに、そこをリニューアルとはめっちゃ凄すぎやしないか!?
…おおおおお!一体中はどうなっとるんやろ!と改めてドキドキである。
(表の看板をちゃんと見てたらドキドキせんかったな。適当さ万歳!)

 

…んんん?前もこんなだったっけかなぁ?
ああ、この壁の和歌のは前にもあったあった。

こんな感じで館内をどんどん進んで行くと…ハッ!

フィ、フィギュアがいっぱい!
それも歌人達のフィギュアとは…ハァハァ!

そうです、そうなんです!
あれだけあったモニターは何処にも見当たらず、代わりに展示されていたのが
この大量の百人一首に出て来る歌人たちのフィギュアだったのです!
(人形好きなので個人的にはこっちの方が好きだなぁ)

フィギュアの作り込み具合がステキ!表情もコミカルでとても親しみやすい感じだ。

百人一首と言えばやはりこの人しかいないでしょう。

大江千里!

百人一首を読んだ子供は絶対一度は口にする鉄板のネタだよね!?
(最近の子供ちゃんにはわからんネタでしょうが…)

 

歌人フィギュアをたっぷり観賞した後は、
受付の方が言ってた今日の和歌を探して展示室をうろうろしてみたのですが…。
残念ながら同行者ともども外れでした。

再び展示室内のフィギュア観賞に戻り、更に先へ進んで行くとそこにあったのは…

歌合のジオラマ!

 

「天徳内裏歌合」
このジオラマの元になったお話は知っていたので、ちょっとテンション上がりましたな。

フィギュアやジオラマ以外にも百人一首に関する資料なんかがたくさん並んでいた1階の展示室。
 全部見た後、2階へあがってみると…

リニューアル前にはリアルマネキンによる歌合わせジオラマが展示されていた大広間が
なんと平安装束コスプレ体験コーナーへと変わっておりましたよ!

 

衣装も本格的で着付けまでしていただけます(モデル:犬面犬氏)。
モデルがダメダメな事以外は完璧ですな。

リニューアル前も素晴らしかった時雨殿、
リニューアル後もたっぷり楽しめる施設でした。

と、そんな時雨殿ですが、
現在、平成29年3月のオープンに向けて工事中との事。

こやつ、後何回の変身を残しているのだろうか…。

 

(平成24年6月訪問)

小倉百人一首殿堂時雨殿 公式サイト
おすすめ度 ☆☆☆☆★ 百人一首にそれほど興味が無くても楽しめると思う。人形万歳!
ヘンテコ度 ☆☆☆★★ 歌人フィギュアは中々のインパクト!

入館料 大人500円
開館時間 10:00~17:00
休館日 月 年末年始

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031