廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

巨大犬山城下町ジオラマで江戸時代へタイムトラベル!「城とまちミュージアム」(愛知)

time 2015/10/18

博物館や歴史資料館に、城下町などの大きなジオラマ模型があるとワクワクしてしまうのですが、
(いやぁ、ジオラマやお城の模型が大好きなもんでして…えへへ)
この「城とまちミュージアム」で展示されていた江戸期の犬山城下町ジオラマには
とびっきりの興奮を頂きましたッ!
立体感、大きさ、作り込み具合、いずれをとっても凄すぎるぅぅぅ!

時代は違えど、今しがた歩いて来た場所(先に犬山城に行ったよ)がそのまま作られているんで
なんか、見ている内にジオラマの中を歩いてるような気分になれました(←危ない人だ)

 

からくり展示館から道路を挟んでほぼ真向い(ちょこっとだけ南側)に建つ城とまちミュージアム。
正式名称は「犬山市文化資料館」と言って、からくり展示館は
この城とまちミュージアムの別館になるんですって。
なので、城とまちミュージアムとからくり展示館は共通の入場料で入れるというありがたさ!
(僕は犬山城との共通入場券「犬山城下町周遊券」を持っていたので、そのまま受付で見せて入館だ)

 

…うへっ。広い!
中へ入ってすぐの場所は天井が高く広々としたエントランス部分。
(エントランス部分は撮影オッケーでした)
そしてその中心部分には、もうビックリするしかないって程の
でっかいジオラマがどーんと展示されておりました。
しかしまぁ、館内とても新しくて綺麗っすわー。まるで出来立ての博物館のようだ。

ジオラマの奥側にはスクリーン(?)があって、
毎時0分30分に映像が流れる仕組み。
ちなみに映像は二種類あって、両方見ようと思うと1時間ほど居らなきゃならんって事ですな。

時計を見てみると、次の放映時間まで10分くらい間があったので
その間、館内を見て回る事に。
さて、まずは何と言ってもジオラマだわ!

 

江戸期の犬山祭当日の城下町のジオラマ。
犬山城の立体感たっぷりの盛り上がり具合がたまらなく好み!

車山!
祭の様子もバッチリだ。
ホント、めっちゃ細かいとこまで作られてます。

西側から見た犬山城。とても良い高低差。

木曽川方面からも眺めてみた。
んー、絶景!
さっきここを通って、こっから景色を眺めて…。
うん、めっちゃ楽しすぎるわ!

むふむふジオラマに夢中になっていると、音声が流れて映像が始まったので
ジオラマ正面に移動し、椅子に座って観賞開始。
映像の内容は、犬山城下の見所スポット紹介(だったはず)。
ドラマ仕立てで、過去と現在を行き来しながらおすすめ場所を紹介するような内容だったんだけど、
…ちょっとムムムっな感じでした。だからあんまりよく覚えていないんだよね。

なので途中で切り上げて、館内の展示を見て回る事にしました。
ジオラマはたっぷり堪能したので、次はジオラマ付近にあったこんなのを。

こちらジオラマの後ろ側にあった、
長篠合戦図と小牧長久手合戦図をタッチパネルで拡大して見る事が出来る、
すごいのかすごくないのかよくわからないデジタルコーナー。

 

有名武将がたっぷりといるので探すのが結構面白かったっす。

 

デジタルコーナーの隣は
犬山祭の車山模型展示コーナー。
右側に置かれた模型は、ダイヤルを回すとぐりぐり舞台が回転するようになってました。
この回転する事を、「どんでん」と言うんですって!
ずっと気になっていた「どんでん」という言葉。
関西人からしたら、「どんでん」ってのは、岡田彰布かうどんの事だからなぁ。
この後行く予定のどんでん館って一体なんなんよ!?とずっと気になっていたんだけど、、
ここで疑問が氷解だ。ありがとう、城とまちミュージアム!

エントランスから先、ちょうどこの模型とデジタルコーナーの奥にも部屋がありまして、
そっから先が第二展示室。
犬山城城主だった成瀬家のお宝や犬山付近・木曽川流域についての展示が色々とされていました。
鵜飼の道具や鵜の剥製なんかが印象的でしたわ。

第二展示室を出ると…おお!

キタ!コスプレ体験コーナー!
だけど、本日ご利用いただけませんのおしらせがとてもツライ。
まぁ子供用なのでどっちにしろ出来ないんですが。

1、唐犬頭巾 2、裃 3、風折烏帽子 4、てこ衣装 5、烏帽子 6、南蛮帽子とマント
7、忍者の装束 8、茶人の装束
と、かなりのラインナップ。組み合わせ次第で楽しみは無限大!

 

他にはこんなのがありました。
ツマミを回すと城下町の地図が現在に変わるというもの。
僕の前にいたオジサンが何度もまわしてたんだけど、何故か全然変わってなかった。
あれれ?と思っていると、受付のお姉さんが走って来て、調整中の紙を張って行ったのです。
…なんか貴重な瞬間を見た気がする。

こんなに充実した内容で、入館料がたったの100円とはすごいな犬山。
しかもからくり展示館とあわせてだからなぁ。

ホクホクな気分で外へ出て、
さぁ次はどんでん館だ!と移動開始です。
と、その前に一応時刻の確認の為時計を見てみると…

ぎゃっ!もうすぐホテルのチェックアウト時間ではないか!
あわてて名鉄犬山ホテルに戻るのでありました。

 

(平成27年9月訪問)

城とまちミュージアム 犬山観光情報さんのページ
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ コスプレ有、ジオラマ有。楽しすぎ。
ヘンテコ度 ☆☆★★★ ジオラマがすげぇよ!

入館料 大人100円 (犬山城との共通券有)
開館時間 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
休館日 12/29~31日

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930