廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

ハルヒじゃないよ春日だよ。「はるひ美術館」(愛知)

time 2015/09/30

土砂降りの雨の中をただひたすら歩く。

田んぼ、住宅、田んぼ、住宅…。
代わり映えのしない景色が延々と繰り返されるのは、
なかなか精神的にくるものがあります。

「貝塚資料館」を出て、次に向かったのは「はるひ美術館」という所。
駅前にあった観光地図に載っていたのを見たので行くことにしたのですが…
これがまた遠いのだ。
貝塚資料館からだと大体2キロくらいだったかな。
まぁいつもだったらそれくらいの距離なんてどうってことはないんですが、
雨が降ってたって事と、貝塚資料館までにそこそこ歩いていた事もあって
かなりキツかったんですわー。

まだ着かないのかよと文句を言いながら歩いているとバスとすれ違った。
あれって…。
清州城近くの観光案内所にいたボランティアのおじさんは、
「バスは基本的にないと思ってください」と言ってたけど、
うわわわわぁぁ!あるじゃないか!
バス停をきょろきょろと探し、乗っけてくれーと叫びそうになった所で重大な事に気づいた。
あのバス、進んでる方向が思いっきり反対やん。
うぉーあぶねぇ。もし乗ってたら余計に時間がかかるところやった…。オジサン、疑ってゴメンナサイ。

服はずぶ濡れ靴はビチョビチョ。あああああ!
こんな事ならさっさと名古屋に行きゃぁ良かった、いやいや、タクシー乗ればよかった。
と言うか、そもそも他に行きたい場所はいっぱいあるのに、そこまでして見に行かなきゃならん?
どうせ役所とかにあるような、ちっちゃな部屋に作られている市民向けギャラリーみたいな感じの
美術館なんざましょ?絶対5分コースやん。
と、更にぶつくさ文句を言いながら川沿いを歩いて行くと何やら緑多き広い場所が見えて来た。
…あれれれれ?ちょっと想像していたのと全然違う。

 

そこには憩いの場と言っていい、きちんと整備された綺麗な公園があって、
その周りに公園を囲うように安藤忠雄建築の様な建物が建っておりました。
…うへぇ。精々、公民館クラスのものだろうと思ってたのであたしゃびっくりだよ!
どうやら奥の横に長い建物が図書館のようだ。するってぇとこっちの手前が美術館?

近づいてみると、なにやら壁に案内が出ているぞ。

ミ、ミッフィー!?
と、特別展!?
ハルヒ美術館って特別展が開かれるような規模の美術館だったの?
館名もひらがな表記だし、絶対しょっぱい感じの場所だと思ったんだがなぁ。

 

ミッフィーの特別展という事で、館内はたぶん女性だらけ?アウェイ感満載の予感!
入場料金も常よりお高いんでしょうが、ここまで来て入らないわけにはいかないので、
さっそく入館だ。

入り口にあったロッカーに荷物を預け、受付へ行き入館料を払うと、
2階では撮影出来ますと受付のお姉さん(カワイイ!)に言われる。
え?まさかの記念撮影可?美術館だからカメラはロッカーに預けて来たよ。
慌ててロッカーまで戻り、カメラを取り出し再び入口へ(ちょっと恥ずかしかった)。

よし!準備完了!それでは行きますかと奥の展示室へと移動します。
はるひ美術館館内のオシャレ感は半端なかったなー。
神戸辺りにありそうなオシャレカフェのような感じでした。

受付周辺エントランスはミュージアムショップ。
1階の奥が展示室になっていて、鰻の寝床のような細く長い部屋に
ミッフィーの原画がたくさん展示されておりました。

…うーむ。
来館者のほとんどが上品な感じの人ばっかりで、アタスの浮きまくりな感じが半端なかったですな。
平日の昼過ぎ、しかも雨という事で誰もいないんじゃね?なんて思ってましたが、
結構人が居たことにもビックリでした。

んで展示内容ですが、知らんかった事を色々と知れて結構楽しかったです(直球)。
ミッフィーについての豆知識がイッパイ手に入ったぞ!
配色は6色限定とか、口を描いている線の多さで年齢を表現してるとか、
酒の席なんかでちょっと誰かに披露したいネタをいっぱい仕入れる事ができたんだぜ!

 

展示室を出てエントランスを通り二階へ移動すると、
ワークショップって言うんですかね?こちらには子供向けの体験コーナーがありました。
ミッフィーの塗り絵が置いてあったんですが、ガチでやってたお爺ちゃんがいたのが面白かったな。
(その爺ちゃんすぐ諦めてたけどw)

来館記念の撮影コーナーがこちら。
雨と長距離徒歩移動ですさんだ心が少し癒されました。

外へ出て、念のためバス停へと移動すると…
うむ、バスは30分後か。また歩くこと決定だな。

駅に行く前に、美術館周りを少し歩いてみたのですが、
横の建物はやっぱり図書館で、すごい豪華な感じでした。
そして庭みたいな場所は、はるひ夢の森公園と言う施設。
晴れてたらすこぶるいい気持ちだったでしょうな。

ちなみに、ずっと気になっていた、はるひって名前なんですが、
この辺りの地名が春日だったんですな。ひらがなにしてはるひ。
美術館ではるひだからすっかりあっちの方のハルヒしか浮かばんかったよ。

(平成27年9月訪問)

清須市はるひ美術館 公式サイト
おすすめ度 ☆☆★★★ 移動が大変!でもとてもいい雰囲気の美術館。横の公園も綺麗だった。
ヘンテコ度 ★★★★★ ヘンテコ要素は見当たらず。

入館料 大人800円 (ミッフィー展) 常設展 大人200円
開館時間 10:00~19:00
休館日 月 年末年始

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930