廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

昭和の香り漂う商店街のハリボテだらけの七夕まつり!「円頓寺商店街」(愛知)

time 2015/09/13

円頓寺商店街で行われる七夕まつりでは、
数多くのハリボテに商店街アーケードが埋め尽くされ、
その光景はなかなかのヘンテコ具合だ!と聞いた。

…そ、そんなお祭があるんだったら、み、見に行くしかないよね(ヨダレじゅるり)!
って事で、夏の青春18きっぷ・名古屋旅行の締めは「円頓寺商店街七夕まつり」!

haribotematuri-13

…いやぁ、これはスゴイわ~。
全てが想像以上でした。

そして、なんてステキなんだろう!

円頓寺商店街の七夕まつりは、
ウリであるハリボテが生み出すヘンテコさだけでなく、
郷愁的雰囲気がたっぷり漂う、どこか懐かしさを感じさせてくれる
とても居心地のいいお祭でした。


久屋大通公園を裸婦像探して彷徨い歩いた後、
地下鉄に乗って、円頓寺商店街の最寄り駅である国際センター駅へと移動します。
地上に出てまずは近くにあった地図を確認。
んー、ようわからんぞ。どう行けばええんかなぁとしばし悩む。
…よし!あえて大通りを通らず、一本入った細い路地を進む事にしようではないか。
(「円頓寺」の読み方がわからなかったので 、地元の人に行き方を聞くのが恥ずかしかっただけなんだな。
ちなみに「円頓寺」は「えんどうじ」と呼びます。名古屋人しかわかんねぇよ!オー!難読地名!)

haribotematuri-6

駅から真っ直ぐ北上して行くと
商店街のアーケードを発見。
と、その手前左側にはとても味のある飲み屋街ががががが!
「円頓寺銀座街」
ぶらりと今にも吉田類さんが出てきそうな感じだな。
んー、昭和だ!昭和の景色だ。
銀座ってところがいいんだよなぁ。実に渋い。

おっと寄道ばっかりしてちゃダメだ。
早速商店街へと入ってみますと…

haribotematuri-7 haribotematuri-9

ウハッ!なんじゃこりゃ!

ドラえもんにヤッターワン。それにキングコングに、あれは○○…。

アーケードの中に入って見上げてみれば、どこかで見た事のあるキャラクター達が
そこらかしこにたくさん吊られておったのです。
こ、これはオモチロイ!オモチロすぎるぞ!

haribotematuri-8 haribotematuri-16

そして人の賑わいも半端なかったです。
パパさんニッコリなお店も多く並んでいて、ビールにカクテル、肉、肉、肉!
遊ぶ子供ちゃん達を尻目に、夕涼みがてらビールをぐびぐび傾ける大人ちゃん達でいっぱいや。
みんなにっこにこしとるもん。

夕方過ぎに来た事も有って、僕もお腹ペコペコ状態だったので、
ハリボテよりも飲み食いを優先してしまいそうになりましたが、
なんとか堪えて、いざ商店街の散策へレッツゴー。

haribotematuri-10

アーケードに入った場所が丁度商店街の東側寄りだったので、
まずは東側の方から見て回る事にしました。
んで、東側で一番目立っていたのがこのキングコング!

haribotematuri-11 haribotematuri-12

左手に美女を掴んでいる所なんかが実に細かくて素晴らしい。
そしてなぜかゴリラの真横にバスガイドのような姿の女の子人形が吊られていましたので、
この角度だし見えるかなぁ…と写真を撮ってみたら、見えた!

「イヤン、エッチ。」
商店街の雰囲気に合うよう、
昭和風に女の子の台詞を勝手に再現してみました。(←ダメ人間)

haribotematuri-15

国民的キャラクターのドラえもんもばっちり居とるでよ。

実はここに来るまで、一体どんなパチモン臭いキャラクターっぽく作られてんだろ?
と、中国のインチキ遊園地みたいなのを想像していたんですが、
…これは全然違うじゃないか!
何このクオリティの高さは!凄すぎでしょ!

haribotematuri-17

タイトル「呉越同舟」(嘘)
仲良く並ぶ、人気者ふなっしーとねば~る君。
リアルでは絶対にこの二人は仲悪いと思ってるんですが、
どうなんでしょうかね?(ニヤニヤ)

haribotematuri-18 haribotematuri-19

んぎゃっ!このイルカはエクセルを思い出してしまう…(エクセル嫌い)

haribotematuri-20 haribotematuri-21

ちょこっと顔が雑な海賊王志望の子とチョッパー可愛いよチョッパー。
あと、ドラえもんは何処に行っても大人気ですなぁ。

haribotematuri-14

西日で吹き流しがキラキラと輝き、まるで映画か何かのワンシーンの様でした。
人も多くいた割にはのんびりした雰囲気が漂い、居心地が良すぎでしたぞ。

haribotematuri-22

円頓寺前で行われていたライブ演奏を見た見学後、西の方に歩いて行くと商店街の出口へ到着。
いい祭だったなぁ。でもこれだけ?と商店街の短さにちょこっとがっかりしかけたのですが…、
道路の向こう側を見ると…あっちにも商店街ありますやん!

haribotematuri-23

円頓寺本町商店街。
祭はまだまだ続くんだぜ!
こちらにもハリボテがたんまりだ!

haribotematuri-24

どーーーーーーーーーーーーーーん!
商店街に入るなり、懐かしのポン菓子の爆裂音による洗礼を受ける。
…めっちゃビビったわ!

haribotematuri-25

ちょっと食べたらダメな感じがする、たぶん梅雨時であろうアンパンマンさん。
円頓寺商店街にあったスマートなハリボテと違って、作り方が違うのかな?なんかもこもこしてたなー。

haribotematuri-2 haribotematuri-1

本町商店街では、ハリボテもさることながら
それ以外に気になるものが色々とありました。
名古屋名物金のシャチホコ(一応ハリボテか)や、やたら気になったお好み焼き屋さんのイラスト。
たぶん従業員にそっくりなんでしょう(確認できず)。

haribotematuri-3

こっちはカメラ店の主人+ハリーポッターなのかな?
ちょっとイラッとさせる顔がじわじわくる。

haribotematuri-5

懐かしぃ!
こちらでは絶賛現役稼働中の空飛ぶサトちゃん。
結構乗ってる人多かったです。

haribotematuri-4

商店街の端の方にて二人目のアンパンさんを発見。
こちらは食べても大丈夫そうな色つやのアンパンマンさんでした。

 

(平成27年8月訪問)

円頓寺商店街七夕まつり 円頓寺商店街facebook
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ ハリボテとは思えない作り込み具合に感激!
ヘンテコ度 ☆☆☆★★ ヘンテコだけどそれ以上にノスタルジー感じるお祭だった。

開催期間 平成27年度 7月29日~8月2日

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031