廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

あまりにも似ていない星野仙一マネキン人形!「星野仙一記念館」(岡山)

time 2015/08/16

「プロ野球珍プレー好プレー」なんかで何度も繰り返して放送される、
ショート宇野の芸術的ヘディング(フライを頭でキャッチ)からの怒髪天を衝く投手星野仙一や、
乱闘の当事者よりも目立っていた巨人水野にビンタをかます監督星野仙一など、
恐ろしいほどの仙一衝撃映像の数々!
(その時流されるBGMはほぼ「仁義なき戦い」だった気がする)
…それらに関するヴァイオレンス仙さんのコーナーなんて設けてあったら
俺はこの記念館を尊敬するぞッッッ!(まずないでしょうけど)

倉敷美観地区の中程に建てられているのが、
倉敷出身である星野監督の記念館!
そして、こちらは記念館前に立つ星野仙一像なんですが…
めっちゃそっくりやで!

 

奇妙奇天烈極まりない謎の食べ物「デニムまん」(青色した豚まん)
をテイクアウト販売する倉敷デニムストリート横の路地の突当りにあるのが星野仙一記念館。

どこからどこまでも仙一尽くしの記念館!
路地の入口からしてこんな感じなのだ。

そして路地奥の突き当りがこちら。
二階部分が記念館になってます。
…しかし遠くから見ても星野仙一銅像の存在感は凄いなぁ。

リアルな造形で迫力たっぷりの仙さん銅像。
これまで見て来た著名人銅像の中でも出来の良さではかなりの上位にランクインだ。

 

階段を上り入口へ向かいます。
これまで球団の資料館(南海ホークスや阪急ブレーブス)や、
球場にあるファン向けのコーナー(Bs SQUAREとか。)
なんかには結構行ってるのですが、野球選手個人を顕彰する記念館ってのは今回が初めて。
どんな感じなんやろうかな?とちょっとワクワクです。

ドアが開くとまず最初に目の前に現れたのは記念のパネル(?)。
そして置かれていた各球団在籍時のバブルヘッド人形がいい味出してます。
楽天だけリアルバージョンってのが味わい深いですな。

星野仙一記念館の館内はとても綺麗で新しく、まるで出来立てのよう。
入ってすぐの場所は土産などのグッズコーナーになっていて
その奥に展示室が作られていました。
…あれ?あの星野仙一の記念館なのに意外と展示室小さい感じ?

館内には誰もおらず、どうしていいかわからないのでしばらく待っていると、
奥の部屋から係員の女性の方がやって来たので入館料を払いますと、
「今からビデオ上映しますからどうです?貸し切りですよ?w」
と、自虐ネタなのかどうかわからないトーンで言われちょっと戸惑ってしまうのでした。
上映時間は18分程。そ、そんなに長いの?

んー、特に仙一ファンでもないし、
大原美術館にもまだ行ってないので時間が…と思ったんだけれど
折角勧められたので見ていくことにしました(貸し切りだしね!)。

たった一人の上映会スタート。
流される映像は、星野仙一少年がプロに入って活躍していくサクセスストーリーでして、
これが監督時の話もあって意外といっちゃなんだけど、どっぷりと見入ってしまいました。
うむ、面白かった。
ただ期待していたヴァイオレンス仙一のシーンは全くなかったのだけが残念でしたが。

さてさて。映像を見終わった後は展示室へゴー。

 

長方形型の展示室は、
壁に沿って学生時代→中日時代→阪神時代→楽天時代と
それぞれの時代の記念品やユニフォームなどが飾られていました。
部屋の中央には勝利記念のボールがいっぱいならんどるで。

 

順番に学生時代から見ていくと、部屋の角の所になにやら置いてあるぞ?
うへへ、これは仙さんの黒歴史コーナーやな。

ここにはラジカセも置いてあって、発売された歌が聞けるようになってましたわ。
これは聞いとかなきゃなwと思ってボタンを押してみたのだけど…。
残念な事にラジカセは故障中でうまく音が鳴りませんでした。

 

星野監督と言えばやっぱり中日のイメージだよなぁ。
中日時代のコーナーでは、沢村賞の副賞の真珠で出来た五重の塔が展示されていたのですが、
これがもう豪華すぎてビックリ!
さすが投手最高峰の賞。副賞も豪華なんやなぁ。

続いて見たのは部屋の中央に展示されていた、
監督通算勝利数記念のトロフィーなんですが…
仙一だけに1001勝が置いてあるのでしょうか!?

そして見逃せないのがボールに書かれたその名前。加藤。
…これがあの憎々しい違反球、加藤球か!
T-岡田に坂口に小笠原に…。くそぅ。

中日コーナーから阪神、楽天コーナーへと移動していくと
…んんん?な、なんだあれ?仙一人形?

そこに展示されていたのは、阪神時代のユニフォームを着たマネキン人形。
こ、これは…!?
…これって一応星野監督に似せてるって事なんだよな?

いやー、全然似てなさ過ぎて逆に面白い。
これは星野と言うより大石大二郎にしか見えない。
いや、杉良太郎だわ。

そうそうオリンピックの聖火ランナーの時の展示もありましたよ。
歌謡曲よりこっちの時の方がホントの黒歴史やなぁ。
GG佐藤!

流石の充実ぶりの楽天コーナーでは、サイン入りユニなどが展示されてました。

マー君グッズも数多くあった中、やっぱりこれが一番の注目ポイントだ。
ファンが掲げていたケーシー高峰・マギー司郎って書かれた応援ボードが忘れられない。

裸婦像スキーとしてはこれも見とかなきゃなー。
解説者の時の星野さんは、凄く聞き易くて解り易いんで好きだ(ヴァイオレンス仙一はとても苦手)。

展示室は思っていたよりも小さかったのですが、
展示物は色々と種類も多くなかなかの見ごたえでした。
これはプロ野球ファンにはたまらんのではないかなぁ。
ただ、期待していたヴァイオレンス仙一に関する展示は無かったのは残念でしたが(当たり前田のクラッカー)。

おまけ。
お土産コーナーの一品。限定オリジナルグッズなんだって。
やるだけやったらそれでいい。実にいい言葉だけど、思い出されるのは宇野…。

 

(平成27年4月訪問)

星野仙一記念館 公式サイト
おすすめ度 ☆☆☆★★ 野球好きは行くしか!
ヘンテコ度 ☆★★★★ ヘンテコなのはマネキンと仙さんが昔出してた歌が聞けるコーナー。

入館料 大人500円
開館時間 10:00~17:00
休館日 年中無休

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930