廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

門と家屋が合体!旧大村家住宅長屋門を見学!(和歌山)

time 2017/10/17

和歌山城観光案内所で、
まずは窓口のお姉さんにガッツリと相談だ。

「今から和歌の浦へ行きたいんですが、やっぱり自転車だとしんどいですかね?
バスの方がいいかなぁなんて思ったんですが、観海閣とか雑賀崎とか結構離れてるっぽいし、
歩いて回るとなると時間めっちゃかかりますもんね。
電車で紀三井寺駅まで行ってからとかも考えたんですが、
駅近くってレンタサイクルってありましたっけ?
折角行くなら回れるだけ回りたいんでやっぱり自転車が無いと…。そうそう片男波公園の…」
と、立て続けに質問した。

「(バスの時刻表を見ながら)次の時間が〇〇分だから、自転車で行かはった方がいいかなぁ。
ここからだと大体4~5キロくらいだから、皆さん30~40分位で着きますよ。
あと、バスだったら、雑賀崎の方は本数少ないんで帰りが大変だと思います。」

よし、決まり。サイクリングに決定です。
となると、後は道だな。
実は数年前に、同じように雑賀崎を目指して和歌山城でレンタサイクルしたものの
海沿い進んで青春気分満喫!なんて事を考えてしまった為に、
折角教えてもらった道を進まず(でっかい道をひたすら南下するだけの超簡単さ)
住宅街に迷い込んでしまって行き止まりの連続&工場でタイムオーバーと言う
苦々しい記憶が…(出発も4時前だったからまぁ無謀でしたな。着いても何も見れへん)

「お城の横の大きな道を、まっすぐ行けば着きますよ。後、和歌浦天満宮と紀州東照宮からの
眺めはとても綺麗なんで是非とも見に行ってください。個人的には天満宮が好きかな。」
と嬉しい情報も頂いての出発です。
時刻は13:40頃。自転車返却時間の17:00までは約3時間か。
…って、あれ?意外に余裕ないじゃん。

観光案内所の近くにあった、新作(?)の顔ハメを記念撮影していざ出発!
和歌山城内を抜け(久しぶりに天守閣に行きたかったなぁ)まずは上様にご挨拶だ。

徳川吉宗公!

お城を出て、和歌山県立近代美術館がある角のとこの歩道ですな。
和歌の浦へはここからまっすぐまっすぐ南下していけばいいと教えて頂いたんですが(今回も前回も)
…俺はそっちには行かないぜ!(え?)

そう、今回も違う道を行くのです。
寄道をするのです。

折角のレンタサイクル、和歌の浦へ行く間に寄れそうな場所には寄っとかないとねぇ。
って事で、まずは陸奥宗光公銅像を見に行く事にしました。
(場所は和歌山城の南、美術館の東側。結構、和歌山に来てるんだけどまだ行ったことが無かった)
暴れん坊将軍が向いている方、美術館とお城の間をずんずん進んで行きますと…何、あれ?

そこにあったのは機関車!

そして機関車から少し先に行ったとこに建っていたのが…門!
門?

 

門の前には「室内公開中」の案内が出ていて
どうやら内部を見学出来る様子。いつもの台詞乍ら、これは良いときに来たみたい、だ。
うんうん、寄り道はするもんだね。
…でも、門の内部って???通り抜けて終わりじゃないの?
思い出されるのは岐阜の垂井で見た竹中氏陣屋跡だけど…
その時のお話はこちらからどうぞ

入る前に、門の前にあった説明書きを読む。
ふむふむ、旧大村家住宅長屋門って言うのか。
ほー、中が住宅になってるとか…なんか凄いやん!
時代劇によく出て来る中間の部屋みたいなのかな…。一気に興味がわいてきたぞ。

門をくぐると、右側部分が家になってまして、
係りの人の説明を聞きながら見学開始。

中は外から見るよりも十分広く、
と言うより、なかなか豪華な造りで、
最近まで実際に人が住んでいたというのもうなずける快適さでした。
もともとは違う場所にあったんだけど、保存の為現在地に移築したんですって。
そのお蔭で、窓から見える和歌山城はおすすめですと仰ってましたな。
秋になると枯葉がひらひらして、素晴らしい景色との事でした。

部屋の中には瓦なども展示されていましたなぁ。
ぐるりとひととおり見て回り見学終了。無料だったのもナイスポイント!

(今年の7月に移築が完成したばっかりなんだって。

 

外側からだと門にしか見えませんが、中側からだとちゃんとお屋敷になっとります。
なんかすげぇな。これは合体ロボやで!←意味不明

 

長屋門見学後は駐車場の奥にあった陸奥宗光像を見に行きます。

どことなくスタイリッシュ。
男前で有名でしたもんなぁ、陸奥宗光さんは。
(坂本さんの仇討に、新撰組と紀州藩士を襲う所なんて漢!)
シュッとしてます。

案内図。

公園内には「和歌山県朝日夕陽百選」のモニュメントもありました。
加太で見て以来かな?とりあえず、和歌山城ゲットだぜ!

機関車の他に市電の車両も展示されてました。
普段は柵に囲まれて中に入る事は出来ませんが、一般公開される時もあるみたいです。

 

(平成29年9月訪問)

旧大村家住宅長屋門
おすすめ度 ☆☆☆☆★ 公園含めて気軽に行けて面白いと思う。
ヘンテコ度 ☆☆★★★ すこしヘンテコ。

入館料 無料
開館時間 9:00~17:00

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031