廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

タマネギ人間化計画。徹子だらけの徹子の部屋展!(大阪)

time 2015/11/03

「おまえもタマネギにしてやろうかっ!」
玉ねぎ頭のぐりぐりお目目をした東の国に住む魔女が、
部屋に著名人を招き入れては、息つく暇も与えず喋り続け、
魂を奪い獲る事を至上の喜びとしてから40年もの時が経過した。

その恐るべき魔女の名は黒柳徹子。
彼女の住む部屋は「徹子の部屋」と呼ばれ
大変恐れらているのであった(そのまんまやで)。

今回、40周年を記念して徹子は、その膨大な魔力でもって全国各地に「徹子の部屋」を出現させ、
これまでのような著名人ではなく、ごく普通の住民をも虜にする試みを始めた…。


或る日、タカシマヤのサイトを見ていると(高島屋好きやねん)、
「徹子の部屋展」と言う催し物が開催中と載っていた。
なんでも、黒柳徹子さんが番組で着た絢爛豪華な衣装が展示され、
徹子の部屋のスタジオや楽屋が再現されているとの事だ。

…ス、スタジオの再現!?
ってことは、もしかしたらもしかしちゃう?
あの椅子に腰かけて、ゲスト気分で記念撮影とか体験できちゃうのかな?
これは絶対に行ってみなきゃ!る~るる、るるるる~るる~♪

tetukonoheya-6

なんば高島屋の7Fイベントフロアで開催されていた「徹子の部屋展」。
青色の壁で厳重に囲まれた会場の中からは、時折悲痛な叫び声が聞こえて来る(嘘)。

さて、まずは入り口横に設けられたチケット売り場で入場券を購入だ。
人出も少ないであろう遅めの昼下がりに行ったもんで、のんびり見られるだろうと思っていたのですが…
甘い!実に甘かった!
徹子人気恐るべし。チケット購入から列に並ぶ羽目となりました。
…入場券を買う段階でこれだと、会場内はエライことになってそうだな。

入場券を購入後、会場内へ入ると予想していた通り恐ろしい数の人でごった返しでした。
客層は上品な感じのマダムたちが多かったですなー。
場所柄と言うか高島屋の客層そのまんまや!

入り口入ってすぐの場所には、記念すべき第一回で徹子さんが着用した衣装が飾られていました。
ワンピースのような衣装なんだけど、スーツ風の柄が描かれてるというちょっとヘンテコな衣装でしたよ。
よく海外とかで売ってある裸の絵が描かれているシャツのような感じだと思って頂ければいいと思う。←全然違うか。

会場内の壁一面には、放送した日付と歴代ゲストがパネルでずらりと展示されていました。
40年分、10000回分ですぜ!
圧巻!これはすごいわ。
何時頃から、年度末のゲストがタモさんになったのとか見て回ったり、
今ではテレビに出ちゃいけない人(あの人とかあの人とか)を探したりとか、
なかなかのオモチロさだ!

会場内をぐるりと見回りながら進んで行くと、
徹子さん自筆の台本などが展示されている楽屋再現のコーナーが登場。
こういった企画展にしては凄い凝ってるなぁと感心しきりなのであります。
(これまで見に行ったテレビ番組関連の展覧会ってのは、ほとんどがアレな感じだったからなぁ…)
とか言いつつ、楽屋再現コーナーはそれほど作り込まれては無かったんだけどなー。

楽屋再現コーナーを離れて次の部屋へ入ると、
おお!来た来た来たー!
いよいよ楽しみにしていたお待ちかねのアレです。
まずはずらりと並ぶ徹子さんの衣装の数々。いやぁド派手なのが多い事。
そして部屋の奥側に、テレビで見たあの椅子あの机、あのお部屋があったのだ!

…だけど、残念な事にこの「徹子の部屋」再現コーナーは体験コーナーではありませんでした。むむぅ。
まぁこれだけの数の来場者が座りたいって殺到したら混乱する事間違いなしだからそれが正解かもなぁ。
でも衣装やパネルなども含めて撮影禁止ってのはちょっと残念でしたなー。
(ちなみに会場外では、徹子の部屋で座ってる風の合成写真コーナーがありましたよ。有料だったけど)

ちょっぴりがっかりしつつ出口へ向かうと…まだあった!
密かにあればいいのになぁ。こういう展覧会ならまずあるでしょ!?
と思っていた記念撮影コーナーががが!

tetukonoheya-2

鏡よ鏡よ鏡さん。
まず最初にあったのが、鏡の前に立つと、
自動的に徹子さんの衣装を着ることが出来る恐るべき体験もの。
知らずに写り込んでしまい、ドレス姿の自分を見る羽目になって思わず苦笑。うん、気持ち悪い。
このなりきりコーナーは大人気でして、高島屋マダムたちによる長い長い行列が出来ておりましたよ。

tetukonoheya-1

あああああ!俺の頭がいつの間にかタマネギに!
そして周りは全員タマネギ人間ッ!
なりきりコーナーの横でも何やら人だかりができていたので
一体なんじゃろかと覗いてみると、そこにあったのが映った人間をタマネギ人間に変える恐るべき鏡。
こちらのコーナーも大人気でした。

そしてとどめが…

tetukonoheya-3

黒柳徹子さんの写真。よく見てみると…

tetukonoheya-4

アップ

tetukonoheya-5

ギャッ!徹子尽くしである。

 

(平成27年10月訪問)

徹子の部屋展
おすすめ度 ☆☆☆★★ 意外と見ごたえありました。よく番組見てる人なら絶対楽しめると思う。
ヘンテコ度 ☆☆★★★ 見方によれば結構ヘンテコ

入場料 800円(大阪会場)
入場時間 10:00~20:00
開催期間 9月30日~10月12日

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき


2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930