廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

鹿サン(人形)と一緒に奈良県庁の屋上から夕焼けを眺めた話。(奈良)

time 2017/11/19

鹿の国に住む友人が言うには、
県庁の屋上から見る奈良の街並みは実にハラショー!で、
しかも遠くはあべのハルカスまで見渡す事が出来るらしい(←一瞬でも信じた自分が恥ずかしい…)。

そんな御国自慢?を何度も何度も聞かされていた事もあって、
秋のプチ奈良旅行の締めに、ちょっと県庁へ寄ってみる事にしました。

 

奈良公園の真向いに、どっしりと腰を下ろす奈良県庁。(昼。奈良に着いた時に撮ったもの)
超合金みたいな独特の外観、今にも変形しそうでかっちょいいですな。
そんな県庁の屋上には庭園が造られていて、観光客や一般市民向けに屋上が開放されておるのです。

 

頭塔を出ると、時刻は既に四時を過ぎ、
夕暮れ時に突入で御座いますよ。

こりゃぁいい感じに生駒山に沈む夕陽が見られるかもしんないなぁと
ホクホク気分で奈良公園を抜けて行きますと、無事、奈良県庁に到着です。

一般向けに開放されてるとは言え、
やはり公的施設。入口前に居る厳つい顔したガードマンさんに止められるんじゃ!?
とドキドキしながらいざ玄関へ。(←自意識過剰)

「オイオイオイ!ちょっと待って」と、その時であった。
…なぁんて事は全くなく(ホッ)、あっさり館内へ入りますと、
 入ってすぐ右側に館内案内の受付がありまして、そこに居た係りの女性の衣装がなんとコスプレっ!
(天平衣装っぽい感じだったかな。お姉さんがとても可愛くて、まじまじ見れなかったですわ)

奈良のおもてなし、素晴らしい!と浮かれポンチで
ロビーをキョロキョロすると(どこから上がるんだろ?)…

うぉっ!

そこに居たのは、偽ねぶたでお馴染み「奈良大立山まつり」で飾られる
エレクトリック四天王像!

 

持国天像が飾られていたのはロビー奥の奈良県産の物を紹介するコーナー。
(だったと思う。吉野杉とかの紹介が有った筈。←うろ覚え)
とりあえず大立山まつりは次回も無事開催されるとの事で、
良かった良かったと一安心です(ヘンテコなお祭りなので大好きです)。

確かイトーヨーカ堂に展示されてるって友達が言ってたような気がするけど、
まさかここに飾られていたとはなぁ…。ビックリしたわ。

偽ねぶた、なんて呼ばないで!不思議なノリのヘンテコ祭りだった「大立山まつり」(奈良)

 

さて。エレベーターでズイーっと一気に屋上階まで上がりますと、
其処にはさらに上へと上がる階段がありました。どうやら展望台があるらしく
先に其方から行ってみる事に。

結構長い階段をふぅふぅ言いながら登りますと…
着いた!

 

県庁の展望台は天守閣の展望台と同じような感じで、
外に出て景色を眺めることが出来るようになってました。
そして部屋の中には各方角毎に見える建物などが描かれた絵が置いてあって、
めっちゃ見やすかったですわ。

東側。東大寺。

 

そして若草山。夕陽に染まって綺麗でしたなぁ。

 

北側。夏に見に行った「奈良少年刑務所」も見えた!
あっこまで歩いて行ったんだよなぁ…。

奈良少年刑務所のホテル改装前最後の見学会に行ってきた話。前編。(奈良)

 

展望台からの眺めを楽しんだ後は、
階段を下りて庭園へ出てみました。
…おぉ~!こりゃぁいいぞ!

全方位遮るものが無いので、どこまでも見渡せるのがステキだ。
ベンチもあって至れり尽くせりで、癒し効果も抜群!くつろげすぎるなぁ~。

んでは、ぐりーっと回ってみますかのぅ。
やっぱり最初は東大寺から…へっ!?

あああああ!鹿サンが居るッ!
(最初、向かいのベンチに座っていたオジサンも人形かと思ってしまった事は内緒だ)

ここは隠れた名記念撮影スポットかも!?
(ちなみに、一階の立山の前にも小鹿の人形が置かれてます)

 

超高所恐怖症の僕でも、ぜんぜん怖くなかった、どころかめっちゃ景色を楽しめた奈良県庁屋上広場、
素晴らしかったです!

以上、秋のプチ奈良旅行完結。

 

(平成29年11月訪問)

奈良県庁屋上庭園 公式サイト
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 夕焼けナイススポット
ヘンテコ度 ☆★★★★ 大立山まつりの四天王像の分

入園料 無料
開園時間 各季節、イベント時に寄って違うので、公式サイトでどうぞ
休園日 こちらも各季節やイベントごとに違うので、公式サイトでどうぞ

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930