廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

華やかな宝塚大劇場!宝塚プチミュージアムでコスプレ記念撮影!(兵庫)

time 2014/08/16

ここは宝塚大劇場!
劇場内に、宝塚プチミュージアムと言う施設があると聞いてやって来たのですが…
なに、この劇場周囲の華やかさは!キラキラ具合がスゴイわ!
劇場周辺、女の人しかいねぇ!若い子から妙齢の方まで、上品そうな方達ばっかりやで!
パッと見、女性と男性の比率、9:1くらいかな?いやいや1もないような気が…。
そんな場所へ、ジャージ姿でやって来てしまったアタクシの違和感たるやそれはもうスゴかったです。

知人・犬面犬氏を内緒で連れて行った、
昼頃行われた、西宮ガーデンズでのももクロちゃんのライブイベントを
満喫した後(初めて生で見た!)、さぁどこへ行く?ってことになりまして、
西宮からなら宝塚が近いな。
宝塚には、宝塚プチミュージアムと手塚治虫記念館がある。
いい機会なので行ってみるかと
あっと言う間に決定。優柔不断極まりない我々にしては珍しいほどの即決だった。
電車でごとんごとんと移動開始。

これまで宝塚には電車で来たことがなかったので、
車窓から見える景色の美しさには旅情をたっぷり感じました。
やっぱり川のある町はいいよね(川沿いを走る阪急電車)!

駅に着くと、構内ではなにやらイベントが…

どーん!と居はったのは坂本龍馬!
高知の物産展が行われていて、
その会場内に坂本龍馬の像が飾られていたのでした。

そしてなぜか龍馬の足元には、かの有名なはりまや橋が!
そう、あの三大がっかり名所の一つに数えられるはりまや橋の上に龍馬が立っておったのです。
土佐の名物てんこ盛りか!

ちなみに同行者の田舎が高知なので、はりまや橋についてご意見を伺いましたる所、
がっかりも何もしょぼいとしか言いようがないで、との事でした。

駅舎を出て、宝塚劇場の方へ移動開始。
駅前はなんか緑が多く、高級住宅地っぽい感じがします。
花の道を歩いて行くと、デッカイ建物に物凄い人だかりが見え、
あれじゃね?とそちらへ向かいますとそこが宝塚大劇場でした。

ゴージャスとしかいいようが無い館内。
食事のできるコーナーやお土産売っている場所、それぞれお客さんでいっぱいですわ。

この様子だと、プチミュージアムも人がいっぱいいるんじゃね?
なんて心配でドキドキ。
本物のヅカファンの方に交じって見学するのは少々気が引ける。
華やかな衣装のコスプレ体験とかあるだろうと楽しみに来たのだけど
人が多かったらできなさそうだもんなぁ、なんて思ったわけでして。

広い館内迷いつつもなんとかプチミュージアムに到着。
入ってみると、意外な事にほとんど人が居ない。
(公演中で、丁度ファンの方が来ない時に入れたようでした)

宝塚に詳しくない我々、
展示されている衣装の華やかさにノックアウト。

プチミュージアム内は映像作品以外はの記念撮影はオッケーでしたので
いろいろ撮ってみましたよ。

 

豪華絢爛!

舞台で使用された道具が飾られていて、
そのシーンを再現することもできるのだ。(後ろの写真に注目だ!)

 

各舞台を見に行ったファンの方からすれば感涙ものの衣装展示はたっぷり。

各期のスターの方々の紹介や、舞台の映像も流れていて、
ヅカ初心者な我々みたいなのにもわかりやすく宝塚歌劇の事を知れるように
展示がされていましたよー。

そしてそして。お待ちかねの、体験コーナーだ!

ん?んんん?
…あれ?全然華やかな衣装じゃないぞ?

銃に、リュック?
体験コーナーには全く想像もしていなかった小道具が置かれていたのでした。

展示コーナには、実際の舞台での写真が貼られていたんだけど…。
これはマニアにはたまらんのだろうな、とは理解できるんだが…。

あのヅカのきらびやかな衣装を体験できる!とばかり思っていただけに何とも言えないw
これ、着用しても、おっさんがやったらただの兵隊やもんなw

とりあえず同行者が体験してみた。
ヅカの華やかさはかけらも見当たらない。どう見ても、ただの逃亡兵だ。
後ろの写真との落差が激しすぎますな。

その後も館内をうろうろ見て回っていたら…あった!あるじゃないか!
舞台の階段と、背中に着ける羽が用意されているコーナーがありましたよぅ!
…うはっ!そうそう、これだよこれ。宝塚と言ったらこっちのイメージだよな!
では、早速…って!?

んあっ!
丁度、舞台が終わったらしく、来館者が大勢やって来たので、
体験はあきらめました。
だって恥ずかしいんらもん。

劇場内には、本格的に宝塚歌劇の化粧と衣装を着て撮影できるコーナーなども用意されていて
そういうの好きな人はすんごく楽しめますよ。ただしこちらは女性限定だ!

追記:プチミュージアムは改装され、宝塚歌劇の殿堂としてリニューアルオープンしております。
また見に行かなきゃならんなー!

 

(平成23年6月訪問)

宝塚プチミュージアム(リニューアルのため閉館)

宝塚歌劇の殿堂 公式サイト

入館料 500円
開館時間 1回公演時 10:00~17:00 2回公演時 9:30~17:00
休館日 宝塚大劇場休演日

 

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031