廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

マニアック!風呂敷専門博物館!宮井ふろしき・袱紗ギャラリー(京都)

time 2014/11/27

烏丸御池周辺は、全国でも稀に見る
博物館集合地帯だと思う。

ざっくりと有名どころを挙げてみても
・京都国際ミュージアム
・京都文化博物館
・大西清右ヱ門美術館
・京都万華鏡ミュージアム
等々、きりがない。

そんな、一大博物館密集地帯の中でも一際異彩を放つ
マニアックな博物館が、宮井ふろしき・袱紗ギャラリーだ。

miyaihurosiki-1

箱庭屋展覧会を見学後、錦市場で買った豆乳ドーナツを口に頬張りながら
二条城にでも行くかなと室町通をずんずん歩いていくと…
あらら!宮井の風呂敷屋さんやないの。

と、何時の間にか風呂敷博物館の前に来ていた。
(場所は、祇園祭で鯉山が建てられるとこらへんですな)

miyaihurosiki-2

宮井ふろしき・袱紗ギャラリーは、風呂敷屋さんの中に設けられている博物館なんですが、
(日本風呂敷協会が気になるちゃん)
今回たまたま前を通ったのが日曜でしたので、残念ながらギャラリーは開いてませんでした。
(宮井ふろしき・袱紗ギャラリーは平日のみ開館なのです)
なので、中の様子や感想などは、随分前に行った時のもので御座いますのでご注意あれ。

miyaihurosiki-4

入館料大人一人500円を払おうとした時、目ざとい何時もの同行者が、
「ミュージアムぐるっとパス」と言う物が売られている事に気づいた。
このパス、なんでも特典として沢山ある対象施設が無料になったり、割引されたりといろいろお得らしい。
店員さんにパスについて尋ねてみると、「このパスを使えば、このギャラリーは無料になりますよ」
との事だった。

パスのお値段は千円。宮井ふろしき・袱紗ギャラリーの入館料は500円。
他に何か所か行くだけで随分お得なようだ。
…よし、購入!
かくして宮井ふろしき・袱紗ギャラリーは無料となりました。

 

店内、奥へと進んで行きますと、
パーテーションの様なもので区切られた展示スペースがありましたので
さっそく中へと入ります。

…ううむ。
これは口を開けてポカーンだ。
流石は、風呂敷ギャラリーやで。
見事に風呂敷や袱紗だらけやん(そらそうやがな)

風呂敷に対して全くと言い程興味もなく、知識もない我々、
ほぼ無言で鑑賞するしか手はありませぬぬぬ。
とは言っても、袱紗も風呂敷も衣装に凝った美しいものが多く、
博物館に来たというより美術館に来たような感じでしたな。

僕達以外に客はおらず、この淡々とした空気。なんともいえない感じ。
これが興味のない分野の博物館に入った時の醍醐味だな!
500円払って入場してたらもっと心折れていただろう、なぁんて、
外へ出た時に同行者と笑い合いましたわ。
…パスを買って入場して正解だったな、うん。

興味の無い人間だとこんな感じになりますが、
見る人が見たら、歴史ある凄い物なんだ!ってワクワクできたんだろうと思います。

ちなみに、宮井ふろしき・袱紗ギャラリーは、関西文化の日の対象施設になっているので
日にちをあわせて行けば、パスを買わなくても無料になるんでお得ですぜ。

あと、予約をしておけば、風呂敷のつつみ方などを教えてくれますので
行かれる方は是非!(現地に行くまで知らんかった!)
風呂敷で、一升瓶を包んだりするのって芸術的やもんな!
あれは是非とも覚えておきたい。

miyaihurosiki-3

おまけ。
祇園祭の時に、お店の前に顔ハメが置かれていました。
…見返り美人?
腕の出し方を間違っている同行者はとびっきりの馬鹿だと思った。
これだと両腕が左手の男になっちゃうよ!(J・ガイルの反対だな)

この時限定だったのかもしれないので、
祇園祭の時に毎回出てるかどうかはわからない。

 

(平成21年12月訪問 平成26年9月前を通る)

宮井ふろしき・袱紗ギャラリー 公式サイト
おすすめ度 ☆☆★★★ 包み方体験してたら楽しかったと思う。むしろそっちメインだったかも!
ヘンテコ度 ☆☆★★★ かなりのマニアックさ。

入館料 500円
開館時間 10:00~17:00
休館日 土日祝

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031