廃人旅行舎グダグダ旅行記

ハコモノ巡りとマネキンジオラマの記録帳

レトルトカレーの専門店「京都カレー博物館」(京都)

time 2015/07/27

よく似たコンセプトのお店が数多ある昨今、
最早それほど珍しいものでは無いのでしょうが、
開店時にはかなり話題となったのがレトルトカレー専門店「京都カレー博物館」。

karehakubutukan-4

なんでも100種類以上もの全国各地のご当地カレーが味わえると評判のお店でして、
「レトルトカレー専門のカレー店!?なんじゃそりゃ!?」
わざわざレトルトのカレーをお店に食べに行くというヘンテコさと、
「博物館」と名前に付いているわけだから、ハコモノめぐらーを名乗る身としては
何が何でも行かねばなるまい!という使命感から、桜見物の帰り際に寄ってみた時のお話で御座います。
場所は京都文化博物館のすぐ向かい側。

karehakubutukan-2 karehakubutukan-1

カレー博物館の看板が出ていたのは、ちょっとオサレな雰囲気のビルの真ん前。
入り口近くでビラを配っていた美人のお姉さん(別の店のチラシ)が、
カレー!カレー!と、看板を見てはしゃぐ僕と同行者をゴミを見るような目で
見てくるのが非常につらかったな。

ドアを開け地下へ降りると、そこはかなりのお洒落空間で、
バーのような雰囲気にアウェイ感をおもっくそ感じます。

広々とした店内の中央部分にカウンター席があって、
壁沿いにご当地レトルトカレーがぎっしりと置かれていました。ぎっしりみっちり。

karehakubutukan-5

比内地鶏や野菜カレーのようなド直球な王道のものから、
気持ち悪さ満点のフルーツカレーまで色々な種類が並ぶカレー博物館。
さぁ、どれを選ぶかな…

karehakubutukan-7

俺はこの鯨カレーを選ぶぜ!
と、面白くもなんともない、至って無難なカレーを選択してみました。
最後までざくろカレーとどちらにするか悩んだんだけどなー。

karehakubutukan-10

同行者は我が身を犠牲にしての「海へびカレー」をチョイス。うむ、エライ!
食べてみたいとまず思わないのをよくぞ選んでくれた。
でも、ホントは1900円もした、どっかの有名牛肉のカレーを選ばそうと猛烈にプッシュしたんですがね。
それはあまりにも高すぎる。レトルトにそんなお金払えるか!
と拒否られたのであります。てへっ。残念。

ちなみにこの同行者は自他ともに認める味覚音痴。
そんな味覚音痴が超高級レトルトカレーをどう評するのか興味があったんだけどなー。
レトルトなのに超高級。なんじゃこりゃ感たっぷりだったのに。

karehakubutukan-8

カレー博物館では300円でご飯の注文が出来、
店内で食事が可能なのがウリなんですな。
メニューを見るとトッピングも豊富で…
…って、ん?何々?
ク、クジラステーキだ…と!?
トッピングでクジラがあるならわざわざクジラカレーを選ぶ必要はなかったやん!

karehakubutukan-11

僕が注文したクジラカレー。
パッと見レトルトカレーとは思えませぬな。
きちんとしたレストランで注文した時のように、カレーのルーとご飯は別々の入れ物で出てきますので、
かなり本格的な雰囲気を漂わせています。まぁ中身はレトルトなんだけど。

同行者の海へびカレーも届き、揃って実食。いただきます。

…むしゃむしゃと、この日初めての食事に勢いよくがっつきます。
うむ。クジラカレーは普通に美味しかったです。
まぁ言われなければクジラ肉とはわからん感じでした(俺も味覚音痴!?)

さてさて、やはり気になるのは海へびカレーのお味。
同行者に聞いてみると、彼曰く「いや、普通の肉やで」
と、実につまらない答えが返ってきました。
お前はホントにつまらん。

まぁ、ウミヘビと言う事で、
見た目も、ニョロっと鰻みたいなまんまカレーに入っているのでは?
とか思い切りハードル上げてただけにちょっとした不発感。
ウミヘビ君には罪は無いけど。

そうそう、店内の様子はグーグルストリートビューで見れますぜ。

 

(平成22年4月訪問)

京都カレー博物館 2010年12月以降、現在休業中

Pocket

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


つぶやき



sponsored link

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031